乾燥肌の肌質改善

お肌のかさつきが気になる「乾燥肌」の方は、洗顔後のつっぱり感や粉をふいた状態になるのが悩みではないでしょうか。お肌が乾燥すると、メイクののりも悪くなってしまいますよね。
ですので乾燥肌を肌質改善を願う女性は多くいらっしゃいます。

そこで嫌な「乾燥肌」をしっとり感のある肌へと肌質改善したいと考えている方に、気をつけて欲しいスキンケアの仕方を紹介していきましょう。

スキンケアの仕方で乾燥肌の肌質を改善

まず、お肌が乾燥しているということは、水分不足の状態であることを理解しておきましょう。
乾燥肌とはまさに、何らかの原因で保湿機能が弱い状態をいいます。

スキンケアにおける洗顔後、それと化粧水をつけるまでに時間があくと、その間にどんどんお肌の水分が蒸発していってしまいます。そのため、乾燥肌の肌質改善のためには、洗顔後はできるだけすばやく化粧水で水分補給をしてあげて下さい。

その時、たっぷりの化粧水でお肌を潤してあげましょう。そうすると乾燥肌にうるおいが出てくるようになります。

化粧水で水分を補った後は、保湿性の高い美容液を使用することをお勧めします。
乾燥肌を改善し、お肌のみずみずしさを維持する効果のある「セラミド」が配合されたものを選ぶといいですね。

その後、ミルク、クリームを使ってしっかりお肌を保湿してあげて下さい。
特に乾燥肌の状態がひどい時は、保湿効果の高いパックを追加するのも、乾燥肌の肌質改善には有効です。

ただし、使いすぎは乾燥したお肌に刺激を与えてしまいますので、使用頻度は必ず守るようにしましょう。

このように、乾燥肌の肌質改善では、スキンケアでの水分をしっかり補うことと、補った水分を逃がさないように保湿することが大切です。

空気が乾燥する冬場は特に念入りにスキンケアして、乾燥肌をしっとりしたお肌へ導いていきましょう。

亜麻仁油で乾燥肌を改善

また乾燥肌の方は、食事から適切な油を摂取できていない場合も往々にみられます。
おすすめなのは、リノール酸やトランス脂肪酸を含む食品の摂取を止めて、オメガ3脂肪酸を含む亜麻仁油を積極的に摂る方法です。

亜麻仁油はフラックスオイルともいわれ、乾燥肌の肌質改善にも即効的な効果のある油です。

リノール酸やトランス脂肪酸をたくさんとると、乾燥肌になりやすく、いつもパサパサしたお肌でいることが多くなります。

実は、乾燥肌の肌質改善では、これらの油脂の摂取に気をつけるだけでも、わりと簡単に修正することができていまします。

乾燥肌の改善のために、ぜひとも一度、お試しください。

小倉優子も利用のフェイシャルエステ

美容