混合肌の肌質改善

最近多いと言われているのが「混合肌」です。
混合肌の肌質改善は難しいと思われていますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

「混合肌」は一見トラブルもなく健康そうなお肌に見えますが、お顔の部分によってべとつき感があったり、乾燥していたりするのが特徴です。つまり、混合肌とは、乾燥肌と脂性肌が混在しているお肌の状態なのですね。

混合肌は、一般的に化粧崩れがしやすいと言われているお肌のタイプです。お化粧が崩れやすく、見た目も悪くなりますので、混合肌は肌質改善が望ましくなります。

では、べとつき感もあって、乾燥もある混合肌はどのようにケアしていったらいいのでしょうか。

答えは簡単です。

肌質改善方法としては少し面倒ではありますが、べとつき感がある場所と乾燥している場所のスキンケアアイテムを分けることです。

Tゾーンのべとつき感を感じる部分は、皮脂の分泌を抑えてくれるタイプのものを、ここに使用します。
逆に、目元や口元のように乾燥が気になる部分には、保湿力のあるものを使用します。

そういったころには、混合肌の部分別にしてパックをするのも肌質改善に有効です。
ただし、洗顔料は同じもので大丈夫です。混合肌だからといって使い分ける必要はありません。

洗顔料の場合は、お肌に優しいものを選び、べとつき感が気になる部分だけ2度洗いするようにすれば、タイプ別に分ける必要はありません。

混合肌の場合、2種類のスキンケア用品を揃える手間はありますが、毎日行う自宅でのケアで肌質改善できるならすぐにでも始められますよね。

季節の変わり目や気温差が大きくなるような環境にいる場合、べとつく部分と乾燥する部分の差が大きくなると言われています。

混合肌の肌質改善には、このような環境の変化にも気を配ることも大切なので、これを機にあなたの環境にも目を向けてみてください。

小倉優子も利用のフェイシャルエステ

美容