ニキビ肌の肌質改善

「ニキビ肌」は、皮脂の分泌が活発になる思春期の頃に悩みを抱える方が多いですが「アダルトニキビ」のように、大人の方でも「ニキビ肌」に悩みを持っている方が多くいらっしゃいます。

「ニキビ肌」の肌質改善は長い期間が必要となるため、努力には根気が必要です。

しかし、ニキビ肌のスキンケアに挫折してしまうとニキビ跡を残してしまう可能性があって、さらなる肌質改善が必要な状態になってしまうので、諦めずにケアしていくことが大切です。

「ニキビ肌」で肌質改善する際、注意する点は次のようになります。

食生活を見直してニキビ肌を改善

まず食生活面では、皮脂の分泌が多くなるような「糖分」「油分」の過剰摂取は避けるようにします。
このことは、ニキビの肌質改善の基本になります。

糖分を過剰摂取すると、ビタミンやミネラルを消費しますので、お肌に行き渡る栄養素が減ってしまいます。女性にとって「甘い物」は魅力のある食事ですが、ニキビ肌を改善するなら、食べ過ぎには注意していただきたいところです。

また油分に関しては、フラックスオイルの亜麻仁油を積極的に摂ることがニキビ肌の肌質改善にはおすすめです。亜麻仁油には、オメガ3という良質に油分が含まれ、即効性もあってニキビ肌の状態もよくなります。お肌がツルツル・スベスベしやすくなる効果が、オメガ3の亜麻仁油にはあります。
ぜひとも肌質改善のために、亜麻仁油の摂取をおすすめいたします。

充分な睡眠でニキビ肌を治す

生活面では、十分な睡眠をとるようにすること、ストレスを溜め込まないことが肌質改善では大切です。
睡眠不足は、お肌の大敵です。理想なのは、午後10時から午前2時の「ゴールデンタイム」に就寝することです。ゴールデンタイムの時間帯は、ニキビ肌も再構築が行われて、正常なお肌へと肌質改善できるナチュラルな一時となります。ですので、ニキビ肌を改善したい場合はゴールデンタイムに寝るのがおすすめになります。

ストレス解消してニキビ肌の改善を行う

またストレスは、ニキビ肌を作る生活上の最大の原因でもあります。
逆にいえば、ストレスを解消できると、お肌の状態もよくなります。もちろん、ニキビ肌もそうです。
ストレスを解決する方法にはいくつかありますが、おすすめなのは瞑想です。瞑想をすることで、心身をリラックスさせ、ストレスを解消します。実際、瞑想を行うことで肌質改善ができて、ニキビ肌もよくなった人もいます。

お肌を正常な状態に戻すためには、健康維持がとても重要ですので、規則正しい生活を送るよう努力しましょう。

スキンケアでニキビ肌を改善

スキンケアの面では、新しいニキビを育たせないために、お肌を清潔にしておく必要があります。
これも肌質改善では基本になります。

基本的には、ニキビ肌用の洗顔料や刺激の少ない洗顔料を使って、毛穴に汚れを残さないようにしましょう。
最近では、ニキビ肌を予防し、改善する優れたニキビアイテムが出ています。
こういったケアグッズを使ってニキビ肌の肌質改善に努めましょう。

また化粧水やミルクも、ニキビ肌用のアイテムを使うようにします。
これらのアイテムには、ニキビ予防に有効な成分が含まれているので、ご自宅でのスキンケアとしてはとても便利です。

ただし、ニキビ肌以外の部分に使うと、かさつきの原因となるため、使い分けも視野に入れてスキンケアすることをお勧めします。

なおニキビの炎症がひどい場合や広範囲にニキビがあるような場合は、専門医と相談しながら肌質改善を進めることも考えて、根気強く努力するようにして下さい。

小倉優子も利用のフェイシャルエステ

美容