脂性肌の肌質改善

「脂性肌」の方は、お肌のべとつき感やテカリ感が気になりますよね。
脂性肌の原因となっているのが「皮脂」です。

皮脂の分泌量は、体質により個人差があるようなのですが、食事や生活習慣が原因でもありますが、意外とご自宅でのケア方法が適切でないことによって、分泌量を多くしてくることもあります。

そこで不適切なお肌のケアをして脂性肌になっている方のために、肌質改善ができるケアの仕方をご説明いたします。

「脂性肌」を正常な状態に肌質改善するには次のようなことに気をつけてみるといいですね。

食生活から脂性肌を改善

まず、食生活です。
あなたの毎日の食生活を振り返った時、糖分やアルコール、油分の多い食事の摂取量はいかがでしょうか。
多く摂取していることはありませんか?
油脂の多い食べ物の過剰摂取は、皮脂分泌を過剰にし、脂性肌としてしまう大きな原因です。
もし思い当たる部分があるのなら、肌質改善のためにバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

オメガ3脂肪酸で脂性肌の肌質改善

油脂ではオメガ3脂肪酸をとるようにする
脂性肌では油脂の摂取に特に問題がある場合、なってしまいます。
油脂では、特にオメガ3脂肪酸の摂取がおすすめです。オメガ3脂肪酸とは、フラックスオイルともいわれ、亜麻仁油からとることができます。亜麻仁油には、オメガ3脂肪酸をふんだんに含み、脂性肌の改善に役立ちます。

そもそも油脂には、オメガ3以外にも、リノール酸やトランス脂肪酸などがあります。特に脂性肌になる原因として、リノール酸やトランス脂肪酸の過剰摂取が原因になっています。

脂性肌にするリノール酸やトランス脂肪酸は、揚げ物、コロッケ、ファストフード、ショートニングといった形で、摂取しやすくなっています。脂性肌の肌質を改善するなら、できるだけ手作りで安全な食事を心がけると一気に改善できることもあります。特にフラックスオイル(亜麻仁油)は脂性肌の肌質改善に即効性もあります。

スキンケアの方法で脂性肌の肌質を改善

次はスキンケアで肌質改善する方法です。
脂性肌の方は、べとつき感をさっぱりさせたいために、洗顔料を使った洗顔を過剰にしてしまうことがあります。

お肌を清潔に保つことは大切なのですが、それが逆にお肌に刺激を与え、皮脂分泌を多くし、そのため脂性肌となってしまうことが往々にしてあります。

洗顔料を使うときは、お肌に優しいものを使い、脂性肌をますます刺激しないように、優しく丁寧に洗うようにしましょう。化粧水をつける時は、コットンを使ってパッティングするようにします。

お肌が冷たくなる位まで丁寧にパッティングすると、毛穴がしまり、皮脂の分泌を抑えることが出来ます。
このように、優しくお肌のケアをすると、刺激が少なくなって脂性肌の肌質改善ができるようになります。

脂性肌の方でも、化粧水の後は必ずミルクを使うようにして下さい。
お肌に油分が不足していると、それを補うために皮脂が分泌されためです。

さっぱりタイプのミルクならべとつき感も気にならないはずですよ。
今まで使っていなかった方は、脂性肌の肌質改善のためにぜひとも追加してください。

小倉優子も利用のフェイシャルエステ

美容